忍者ブログ

レジェ&てつ

文化センター出来事や趣味の言いたい放題
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/07 みきひろ]
[10/09 だい]
[10/07 leger]
[10/06 みけ]
[09/03 よんのじ]
[08/22 8]
[07/26 畑中 雅博]
[06/23 ケロサキ]
[05/11 @kurikurimaru]
[04/30 さび]

12.19.07:06

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/19/07:06

02.26.17:40

グリーンウッドクロミス クリスティ

以前、グナソクロミスの話で出ましたが、このグリーンウッド。。。よく似てます。でも、グナソほど特徴的(捕食など)と言えるところも無く、人気が有るとはいえません。
でも、タンガニーカシクリッドを一通りかじると、どうも気になる存在なのです。。なぜ?なのか?

バイペアレントであることなど、グナソとよく似ていますし、雌雄の判断も非常に難しい。ただ、非常に長生きであることは、我が家で実証済み。雌雄の判断は、若魚では判断できないので、数匹を混泳させて、ペアリングをしていく方法を今回もとりました。
c3335351jpeg













これは、ペアだと自信を持ってペア水槽にして2年。左側がメス(たぶん)オスのほうが、体高が有り、黒くなる。
これは、グナソでも言われていることなので。。信じています(笑)
この2年で、オスは黒く、メスは白くなったように感じます。以前は、黄色はあまり出ていませんでしたが、今は結構黄色いです。これは、産卵期に入った合図かも?
ad13882fjpeg












グリーンウッドの魅力は、はっきりいって顔です!!青い唇と、オバQのような顔。。たまらんです。
この写真では、分かりにくいですが、産卵して、咥えています。
日本での、繁殖事例はあまり聞きませんが、初めてではないにしろ、少ないことは事実でしょう。
ペアで飼育している人が少ないですからね(笑)
78051ee8jpeg












この写真は、モグモグ感が伝わるかな~。。
でも、グナソもそうですが、バイペアレントの場合、餌やりのタイミングが難しくて、食卵の可能性が非常に高いと言えます。意外と、臆病でパニックに陥る可能性があるので、成功する確率は50/50でしょう。
トリグラに続いて欲しい!!
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら