忍者ブログ

レジェ&てつ

文化センター出来事や趣味の言いたい放題
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/07 みきひろ]
[10/09 だい]
[10/07 leger]
[10/06 みけ]
[09/03 よんのじ]
[08/22 8]
[07/26 畑中 雅博]
[06/23 ケロサキ]
[05/11 @kurikurimaru]
[04/30 さび]

09.25.06:12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/25/06:12

03.05.11:28

メセナ

「メセナ」[mecenat]という言葉は、芸術文化支援を意味する、フランス語です。
古代ローマ時代の皇帝アウグストゥスに仕えた高官マエケナス(Maecenas)が詩人や芸術家を手厚く庇護したことから、後世その名をとって「芸術文化を庇護・支援すること」を「メセナ」というようになりました。

日本では、1990年に企業メセナ協議会が発足した際、「即効的な販売促進・広告宣伝効果を求めるのではなく、社会貢献の一環として行う芸術文化支援」という意味で「メセナ」という言葉を導入し、一般に知られるようになりました。その後、マスコミなどを通じてこの言葉が広まっていく過程で、教育や環境、福祉なども含めた「企業の行う社会貢献活動」と、広義の解釈でも使用されるようになりました。

よくも悪くも、このメセナという言葉、日本のバブル時代に広がったことは間違いないところだと思うし、パトロンが、芸術家を支援するにしても、意味合いは違ったとしても、そういう時代に文化は花開くということは、歴史を鑑みても正しいことなのでしょう。。。きっと(笑)

しかしながら、最近の企業のスタンスは、利益をこのようなメセナ活動に費やすことを「善し」としなくなってきています。トヨタなど、一部の大企業を除けば、利益は株主へ還元することが第一になっているようです。
地方の多くの、オーケストラの運営状態を見てもこのことは明らかです。

メセナは、本来、上にも書きましたが、広告宣伝効果を求めないところにあるので、私たちが今回考えている、冠スポンサー事業とはニュアンスが違います。
ただ、この冠スポンサーにしても、社会貢献、文化事業支持の気持ちのないところには、成り立たないと思っています。

下記が、冠スポンサー募集要綱です。。是非興味を持っていただきたい。。。

冠事業 概要(案)あくまで、個人案です。。。

平成20年度 松竹サスペンス劇場
「罠 わな」  製作 松竹株式会社
        演出 齋藤雅文
        出演 池畑慎之介(ピーター) 川崎麻世 宮川浩 愛華みれ 
    上条恒彦    他
        日時 平成20年10月24日(金)18:30開演
        場所 鯖江市文化センター
        主催 NPO法人Comfortさばえ
        観客 ~1000名
        料金 S席 5500円   A席 4500円
            ※ 他ホールでは7500円にて販売しています。
   
冠協賛金額 50万円
 
公演冠協賛スポンサー 特典のご案内
 
特典1 貴社名(御芳名)掲載
「罠 わな」自主公演プログラム、に貴社名(御芳名)を掲げ、ご支援いただいていることを広く紹介いたします。
 
特典2 広告・冠名掲載
「罠 わな」自主公演チラシ、ポスターなどに広告、冠名を掲載します。TVスポット30本(15秒)、福井新聞、などメディア広告にて、冠名を表記します。(広告費50万円)
Comfort会報誌(鯖江市内全戸配布 11000部)に「罠 わな」冠名を表記し、文化センター自主事業に支援していただいていることを紹介いたします。
 
特典3 公演チケットの提供・割引

「罠 わな」公演について協賛金額の1/4相当分のチケットをご提供します。(25枚) さらに、「Comfortさばえ」自主公演チケットを一般販売に先がけてご予約を承り、割引価格(原則1割引)にて販売いたします

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら