忍者ブログ

レジェ&てつ

文化センター出来事や趣味の言いたい放題
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/07 みきひろ]
[10/09 だい]
[10/07 leger]
[10/06 みけ]
[09/03 よんのじ]
[08/22 8]
[07/26 畑中 雅博]
[06/23 ケロサキ]
[05/11 @kurikurimaru]
[04/30 さび]

08.23.07:42

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/23/07:42

06.15.12:56

Comfort Cinema Club

ef0ef5a8jpeg




















鯖江市文化センターでは偶数月の木曜日にシネマクラブと称して、大ホールでDVDレンタル開始の時期の作品を上映している。昨晩は、「硫黄島からの手紙」でした。
クリントイーストウッド監督、スピルバーグ製作、、アメリカ人が作る、日本から見た硫黄島の戦い。。硫黄島の日本、もう敗戦が分かっていて戦う。
日本兵2万2千人のうち、生き残ったのは1千人、この島で日本人が1ヶ月に2万1千人死んでいる。米兵士の死者は、6821人。米国は、この戦いだけで。第2次大戦の4分の1の名誉勲章をだしている。それだけ、重要で、熾烈を極めた戦いであったのであろう。。日本は、どうだったのかな?
同時多発テロで、失った人が、2973人、阪神淡路地震では、6000人超、いずれも地獄だった事と思います。
4b7110e4jpeg
















実際の戦いは、今の私達には想像することはできませんが、こんな風に、描くことが出来る、アメリカ人て、なんだろう。すごいな。。
涙が、止まりませんでした。


3b3fad48jpeg












イーストウッドの2度目のアカデミー、一度目は「許されざる者」ちなみに、私が始めて買ったDVD作品。この「ミリオンダラーベイビー」も、よかった。って、この女優、これが初めてでしたが、ヒラリー・スワンク、、うまい演技だと思ったら、これもアカデミーでした。そして、先日DVDで、スワンク主演の映画をレンタルで見ました。
11.14.jpg




















新人監督に、、なぜ?って感じでしたが、これは、いけます。アカデミー作品賞、何年だっけ?の「クラッシュ」とよく似た、技法で、一つの事件が、いくつもの事件と絡まって、時間が、行ったり来たりします。でも、この作品は、クラッシュのように、人間模様であったり、人種差別であったりという、明確なテーマが無い。。人が死んでいるのに、、コメディだったりします。まぬけで、悲惨でこっけいな話って、意外と現実でもあったりしますよね。






PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

無題
2007年06月16日土

最近、毎日のように 見ています。てつさんの文章は 素直に気持ちが伝わってとても爽やかな気持ちになります。
さて、まず ダイソン!買おうか すごく迷ってたんですが、買うことにしました。(笑)
硫黄島の手紙 はまだ見たことがないので なんとも言えないんですが、私の体験談で、姉が入院したと 聞き久しぶりにお見舞いを口実に里帰りをした時、偶然 阪神淡路の震災孤児 に会いました。もちろん 父母はなくなり、母方の祖父母に引き取られ、元気に成長していました。なつっこい 話好きの男の子でした。自分が震災孤児だと 本人から聞きました。聞かないとわからないけど 人はいろいろな苦労や悲しみを乗り越え 生きているんですよね。是非、硫黄島の手紙 みてみます。

ありがとう
ダイソン、きっと満足されることともいます。保障は出来ませんけど(笑)
このコメントを読んで、昨日福井映画祭の部長と飲んだことを思い出しました。今日のブログに書きます。
硫黄島の手紙、ちょっと古いですが、チェンジングレーンって映画も好きです。。また、コメントくださいね~
2007/06/16 14:18

無題
2007年06月16日土

『硫黄島からの手紙』は、最後に手紙がハラハラと散る場面で、ずっとこらえていた涙があふれました。
笑うことに次いで、泣くことも心の健康に大切なことだと思いませんか?
普段は、泣きそうな映画は一人で観に行きます。家でDVD観る時は、深夜にひとりで思いっきり感情移入してティッシュ抱えてエッグエッグ・・・(笑)
映画って本当にいいですよね。またお勧めのものを紹介してください。

泣き虫の推薦。
見方によっては、今のアメリカを象徴している映画なのでしょうが、歯車がちょっと狂ってしまうと、悲劇に繋がる。アメリカの、人種差別(移民)や、銃問題など、いろんな要素はありますが、、悲しすぎる映画です。
おもいっきり泣いてください。。。「砂と霧の家」
砂はイラン、霧はサンフランシスコ、、らしい?
2007/06/16 15:30

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら