忍者ブログ

レジェ&てつ

文化センター出来事や趣味の言いたい放題
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/07 みきひろ]
[10/09 だい]
[10/07 leger]
[10/06 みけ]
[09/03 よんのじ]
[08/22 8]
[07/26 畑中 雅博]
[06/23 ケロサキ]
[05/11 @kurikurimaru]
[04/30 さび]

06.27.02:20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/27/02:20

08.09.00:16

パピリオ

二日つづけてですが、写真を撮ると、、書きたくなります。。
aa180059jpeg












クセノティラピア パピリオ テンブエⅡ
マラウイの宝石が、コパティクロミス ビルギナリス ファイヤークレスト とするならば、
タンガニーカは、パピリオでしょう。それもテンブエ。。ってこれしか飼った事がないのですが、、
この10cmに満たないシクリッドが、タンガファンを魅了します。
761cbdc3jpeg












一般的に、砂地に生息し、バクテリアや、砂の中にいる微生物を主食としている(本当かな?)
仲間を、サンドシクリッドと呼び、海外ではサンドシクリッド専門のファンが多くいるらしい。
昨日のペトロクロミスと違って、小さな水槽で飼育することが出来るので、
日本の住宅事情には適しているのではないかと思っています。
973e8428jpeg












ここからは、私の完全な持論ですが、タンガニーカシクリッド全般に言えることですが、特にクサノティラピアは、色彩が微妙です。この繊細な色彩は、日本人より青い目を持つヨーロッパの人たちに好かれるのではないかと思っています。たしかに、このテンブエなどは、背びれやはらびれ、しりびれに美しい紋様と淡いイエローが特徴となっているので、私などは大好きですが、他の特徴がないが、美しい種はなかなか日本では人気が無いようです。それにしても、パピリオの人気種は高価です。。
この親指ほどのお魚の値段は、妻には絶対いえませんね(笑)

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら