忍者ブログ

レジェ&てつ

文化センター出来事や趣味の言いたい放題
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/07 みきひろ]
[10/09 だい]
[10/07 leger]
[10/06 みけ]
[09/03 よんのじ]
[08/22 8]
[07/26 畑中 雅博]
[06/23 ケロサキ]
[05/11 @kurikurimaru]
[04/30 さび]

09.25.06:21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/25/06:21

06.19.10:43

バリバリ伝説

バイクネタ 続き

1982年に、国内のバイク売り上げがピークを迎えた頃、、、

私も、GSX750S 通称 カタナ を発売と同時に購入した。

そして、翌 1983年 「バリバリ伝説」が、少年マガジンで連載が始まった。
s-mainimage.jpg













CB750F が登場した時、クラスメイトが突然、こいつにまたがってやってきた!

が~ん! 大型免許とったんか~

その友人は、その後モトクロスの国際B級をとって、、、バイク馬鹿になって行った。

私も後を追うように大型免許を取った。。

最初はYAMAHAの750に乗ったが、、

カタナの発売を聞いて、すぐに予約した。 ハンスムートのデザイン! 

カタナがケルンショーに出品された時には、ケルンの衝撃! とまで言われた、衝撃的なデザイン。

ホンダのCB750、カワサキが、ZⅡなら、間違いなく、カタナは、スズキの至宝というべきバイクでしょう。

で、カタナ購入の翌年、大阪に就職した。それに合わせるかのように、バリバリ伝説が始まった。

20を過ぎて、マンガを買うのもいかがかとは思ったが、結局、8年間コミックを買い続けた(笑)

主役は、CB750F と、カタナでした。

このマンガの影響で、ローリング族なるものが、発生し、革つなぎを着た若者で溢れた。
峠道はゲレンデとなり、事故も多発した。
ギャラリーも、多く、否応無にスピードも上がる。当時のバイクは、ステップが跳ね上げ式ではなく、固定式だったので、コーナリング中、ステップが路面をこすり、火花が上がった。
ステップが減っている事を自慢していた。。。

私も、生駒や、六甲を、、、若かった。

秀吉が、死んでしまったのは、ローリング族への警鐘でもあったのでしょうが、秀吉ファンの僕は、、、
辛かったな~

あれから、25年、、、私は相変わらずローリング族。。。進歩が無いな~
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

無題
2009年06月19日金

高校生の頃に、ちょうど島田伸介氏が「鈴鹿8耐」に参戦。
ラジオのKBS京都で、楽しく熱く語っていたのが印象的でした。
高校を卒業して「車の免許いらんから、バイクのが欲しい。」(どちらにしても実費)
と言ったところ….却下。何年経っても却下。

20年もの歳月を経て、バイクの免許のチャンスを得て現在に至るですが、
おっさんとおばはんが怒涛を組んで、ツーしている姿など…
結局、遊ぶ事にかけると人間誰もが成長していないのかと思います。

でも、私はそれが良いと思います~。
のりが一緒だととても楽しく、嬉しいもんです。はい…。

Re:無題
はい、その通りですね。まったく、成長しておりません。

でも、その点、女性は制約が大きいですから大変ですね。

私など、夢見たことも小さいので好き勝手に生きて来てしまいました。

咎められるほど、大それた事もできず、、平凡な人生です。。。

近いうちに、一緒に走らせてくださいね。
2009/06/20 22:54

こんにちは
2009年06月19日金

永田です
餌ありがとうございました。本日到着しました。お支払はどのような形でいたしましょうか?

Re:こんにちは
鯖江に来ることがあったら、お電話ください。

ついでがあったらで、いいですよ。
2009/06/20 22:56

無題
2009年06月20日土

Z2至上主義のたつやが欲しいバイクが刀です。
やっぱイレブンが欲しいなぁ・・・
でも発表されて、実売するとは思えませんでした。
当時はコンセプトカーとかバイクとか
見せるだけ~みたいなのも多かったから。
発売のときはうれしかったけど、
あの耕運機セパハンには笑っちゃいました^^

ドカのイモラタンクの900ssもいつかは・・・

Re:無題
カタナ ねたは、あらためて、、、ご報告します。

まだ、手元にあるので、、、

あのハンドル。。。時代を感じさせますね。

でも、セパハン。。って、あのころからですよね。

2009/06/20 23:00

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら