忍者ブログ

レジェ&てつ

文化センター出来事や趣味の言いたい放題
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/07 みきひろ]
[10/09 だい]
[10/07 leger]
[10/06 みけ]
[09/03 よんのじ]
[08/22 8]
[07/26 畑中 雅博]
[06/23 ケロサキ]
[05/11 @kurikurimaru]
[04/30 さび]

05.27.13:24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/27/13:24

01.23.16:23

マレーシアという国 その2

マレーシアの首都、クアラルンプールは近代的な街で、高速道路の整備は本当に凄いです。訪れるたびに、増えているように感じました。
マレーシアの魅力は、「ロングステイ滞在希望国」ランキングでマレーシアが常に1位であることにも現れています。私も2週間から1ヶ月の滞在ですが、その程度でもその魅力は実感できます。理由はいろいろ在ると思いますが、
 
1、親日であること。非常に助かります。1981年の経済危機にマハティールが「日本は困った時の友人」の発  言がよく表しています。経済の恩恵だとは思いますが、滞在中に日本人への対応はとても気持ちが良いことの方が多いです。
もちろん、日本との経済的結びつきも強く、マレーシアからの輸出額は3位、日本からの輸入額は1位となり、日本製品が非常に多いです。
  まず、最初にクアラルンプール空港に到着すると、イミグレーションなどの表記に日本後で「入国審査」などの表記があります。この空港は1998年黒川記章が設計し、大成建設、竹中工務店などが建築。違和感が無く気持ちよいですね。また、イギリス植民地であっと事で左側通行ですから、マレーシアでも運転は違和感無く出来ます。私も、レンタルカーでなんども走りましたが、なんの問題も在りませんでした。
 
2、治安が良い。もちろん軽犯罪は発生していますが、今の日本を考えると、どちらが安全か?と聞かれると疑問に思うほど比較的安全だといえます。
 
3、食事がおいしい。バラエティに富んでいる。人種が混ざっているところに、多くの外資系の人たちが生活しているので、中華、マレー、インド料理などは、そのコミュニティの中のお店に行けば、驚くほど安く、本場の味が堪能できます。もちろん、値段は少し高くなりますが、世界中のお店があります。都会であれば世界中同じでしょうけど。。。
 
4、物価が安い。ロングスティであれば、1ヶ月15万円で、夫婦二人が生活できます。
ただ、高いものもあります、短い滞在だと、ホテル代や、日本料理店、アルコール代など日本と変わらないものもありますが、全体的には半額以下だと思います。
もちろん、電化製品や、高品質な衣類などは、基本的に日本と変わりません。贅沢品は同じですね。
 
5、設備が近代的。これは、コンドミニアムなどの治安に関する設備も、電化製品、ネットワーク環境、ショッピングセンターの充実、医療レベルも高く先進国並みである上に日本語が通じる病院がある。もちろん日本の食材も普通にスーパーで買える。
 
6、言語が、混在している国だからこそ、共通語として英語はほとんどの場所で通じます。
 
7、ゴルフのプレー代が安い。ゴルフが好きな人にとっては、天国のような場所です。
安いコースなら、1000円~高くても5000円程度でプレーが出来、1年を通して暖かい。雨が少ないので、ゴルフが目的で滞在している人も多い。日本ではゴルフをしないけど、日系の企業社員は、こちらへ着てから始める人も多い。
 
8、クアラルンプールの邦人は1万人を超え、日本人会のサークルが非常に多く、日本人のコミュニティが形成されているので、安心で楽しみも増えます。

9、夜の繁華街も、いろんなお店があります。もちろん日本人がこれだけ住み、日系企業が多いわけですから、私のような、短期ステイから、数日の出張を入れると、相当な日本人向けのお店があります。
あまり、多くを語ることは出来ませんが、かなり楽しめると思いますよ(笑)

10、喘息や、鼻炎などの、呼吸系や、アレルギーをもたれている方、冷えによる腰痛や間接痛で苦しんでいる人なども、温暖な気候による環境変化は、、、いいこともあるかも?

 
ということで、引退後、マレーシアで生活するというのも、なかなか面白いのではないかと。。。

いかがですか(笑)
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら