忍者ブログ

レジェ&てつ

文化センター出来事や趣味の言いたい放題
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/07 みきひろ]
[10/09 だい]
[10/07 leger]
[10/06 みけ]
[09/03 よんのじ]
[08/22 8]
[07/26 畑中 雅博]
[06/23 ケロサキ]
[05/11 @kurikurimaru]
[04/30 さび]

08.19.23:46

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/19/23:46

12.01.15:01

自己同一性

自己
〔identity〕〔哲〕 あるものが時間・空間を異にしても同じであり続け、変化がみられないこと。
(1)物がそれ自身に対し同じであって、一個の物として存在すること。自己同一性。
(2)人間学・心理学で、人が時や場面を越えて一個の人格として存在し、自己を自己として確信する自我の統一をもっていること。自我同一性。主体性。

目をさませトラゴロウ  (7つの話が入っている児童文学) を、ちょっと思い出した。
その中の一つ
「一つが 二つ」は、山の発明家である、きつねが、たるのかたちをした、1つのものを2つにする機械を自慢げに持ち出す。さるは、りんごを、うさぎは、にんじんを2つにふやしてもらうが、トラゴロウには、2つにしてもらうものがない。そこで、自分自身を2つにしてもらおうと、機械のなかに入り込む。そうすれば、1ぴきが竹やぶで昼寝をしているあいだに、もう1ぴきが肉まんじゅうをさがすことができるというわけだ。トラゴロウは、無事2ひきになるけれど、2ひきは、それぞれ、自分がほんとうのトラゴロウだと主張して、たちまち大げんかになる。きつねは、今度は、2つのものを1つにする機械を発明せざるをえなくなるのである。1ぴきだけのトラゴロウにもどったトラゴロウは、はずかしそうにいう。「ほんとうの トラゴロウは ぼくだけだ。(中略)やっぱり ぼくは 一ぴきだけのほうが いいなあ」。

という話、自己同一性なんかを考えると、哲学や心理学の世界に入っていくのでしょうけど、自己は一つなのか不安になることがあります。無いですか?
小さい時、自分はなにを二つにして欲しかったのだろう。。

1996年 NHKで放送された、 大竹しのぶ主演の、「存在の深き眠り 」このドラマの大竹しのぶは忘れられない。このドラマを見たときの、異様なまでの不安を感じた事を思い出す。
天才的な迫真の演技にも、驚いたが、「もう一人の自分」の存在に不安を感じた。
たぶん、このドラマを見れば多くの人が感じるだろうとは思うが。

アイデンティティの確立は、幼いときに形成されるものだと思うし、トラウマとして残っているものもあるのだろう。自分では、そんなことは無かったと、、ずっと思っていた。

大人になってから、忘れるはずが無い事柄を、完全に忘れていた。。。消し去っていた。。それを思い出したときも、驚きと不安があった。。
子供の頃の思い出は、楽しい事ばかりのはずなのだが、、楽しい事ばかりな訳がないよね。。ん~  重い

ここは、スーパーノー天気 に戻ろう。。

そ、藤原さんも、落ち込んだ時は、「褒められている自分を思い出せ」って言ってましたね。。



だめだ、、思い出せない。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら