忍者ブログ

レジェ&てつ

文化センター出来事や趣味の言いたい放題
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/07 みきひろ]
[10/09 だい]
[10/07 leger]
[10/06 みけ]
[09/03 よんのじ]
[08/22 8]
[07/26 畑中 雅博]
[06/23 ケロサキ]
[05/11 @kurikurimaru]
[04/30 さび]

09.25.06:16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/25/06:16

07.28.09:35

田中光敏監督

2002年から始まった、鯖江青年会議所による、ジュニアシネマフェスティバルは2005年まで4年間続いた。

青年会議所というところは、単年度制(毎年理事長以下執行部が変わる)であるため、継続事業は数年を目処に終了する。

ただこの事業は、鯖江市からの助成金を事業費の一部としていたため、青年会議所の予算がなくても運営できる可能性があった。

2006年 福井大学、Comfortさばえ が中心となり「福井映画祭」に生まれ変わった。
http://www.sabae-jc.jp/l-jcf.html

田中光敏監督は、ジュニアシネマフェスティバルの後半から、審査員として参加していただき、「福井映画祭」では1回~3回まですべてに審査員として参加していただいています。

経歴はともかく、ついに完成しました。
6835666c.jpegs-WS3.jpg




















9月12日ロードショーです。  http://katen.jp/
f7293f4d.jpeg
昨年、東映太秦撮影所に行った時のブログを書きましたが、そのセットがこれですね。

本物の檜で組み上げられたセットの費用は、4千万円。

淡路島に、本物の石垣を作り、エキストラの数は1万人以上になったと言う。。。

裏の裏のメイキング映像を見せていただきました。

ま~出演者も豪華です。

一般的に、出番の少ない大物俳優のクレジットには、特別出演 XXXXX とか、友情出演 XXXXX


という風に、クレジットされるのですが、この映画には一切無い。

西岡徳馬 石橋蓮司 佐野高史 夏八木勲 緒方直人、、、脇を固める役者人が凄い。

で、今回、田中監督が来鯖して頂いたのは、福井映画祭 映画製作ワークショップの特別講師としてお願いいたしました。

ワークショップは、5月下旬から週1日のペースで、自主映画を作るワークショップで、二班に分かれ15分程度の映画を作りました。

その作品を見ながら、監督、参加者とトークする企画。

s-WS1.jpg
作品を見て、監督、スタッフと、駄目だしをする。

自分とは、まったく違う見方をしている。

ここって、そんな意図があったのか。。。

人の意見を聞き、スタッフの思いを聞く。。


映画って、面白い。


で、今週末からは、福井映画祭2009への出品作品の製作に入ります。

s-WS2.jpg
4年目にして、少しずつ花開こうとしている「福井映画祭」

ネットワーク作りに、焦りは禁物です。

今回、福井新聞や、ウララ、他メディア ふくい映画サークル、外国人評論家など、、、多彩なメンバーが参加していただけました。

「火天の城」 「福井映画祭」 「ワークショップ」

もっと、いろんなキーワードとコラボしたい。



監督とは、鯖江に来ていただいたときには、毎回飲ませていただいています。

男っぽくて、柔軟で、人の話を聞く、、、そして、熱く語る。 なにより、福井映画祭を本当に応援していただけています。嬉しい限りです。

大ヒット。。。間違いないでしょう。。。ベネチアとか、ベルリンとか、、、狙えないかな~








PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら