忍者ブログ

レジェ&てつ

文化センター出来事や趣味の言いたい放題
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/07 みきひろ]
[10/09 だい]
[10/07 leger]
[10/06 みけ]
[09/03 よんのじ]
[08/22 8]
[07/26 畑中 雅博]
[06/23 ケロサキ]
[05/11 @kurikurimaru]
[04/30 さび]

06.29.11:00

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/29/11:00

10.23.08:57

サバイバルゲーム、つづき

昨日の、わたしの内容だと、説明不足で誤解を招きそうだったので、某記者の記事をちょっと拝借。
分かりやすく、説明して有りました。。
女性が説明すると、やさしく当りますね。

以下引用

インターネットで見つけたこちらのサイト。
戦闘服や武器を持った人たちが映っていますが、よく見るとサバイバルゲームと書いてあります。
サバイバルゲームって一体、何?


ということでうかがったのはこちらの施設。
代表の大橋さんいわく、サバイバルゲームとはエアソフトガンといった50Mほど飛ぶ6MMのBB弾があるんですけど敵味方に分かれて撃ち合って相手の陣地を取りに行くというゲームとのこと。


というわけで私も着替えていざ参戦です。
そこには40人の兵士がズラリ。


ここでルールを説明します。1ゲームは20分。
2チームに分かれて敵陣地にあるフラッグにタッチすれば勝利というもの。


しかし途中で敵に撃たれたら「ヒット!」と宣言してゲーム終了。外へ出ないといけません。
そしてゲームの開始です。実際に始まるとただならぬ緊張感が伝わってきます。
大橋さんの援護で私も前進して攻め込みます。


大橋さんがヒット!孤軍奮闘状態に陥った私。
そんな私を救ってくれたのが紅一点の女性兵士。
男勝りの戦いぶりです。


ゲームも中盤にさしかかり戦況も好転。敵陣にジワリジワリと前進します。敵陣のフラッグまではあとわずか。
ついにこの私がフラッグを取り見事勝利しました。

場所や服装などホンモノにこだわりつつルールを守ってゲームに興じるその姿はスポーツに通じる清々しいものを感じました。 

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら