忍者ブログ

レジェ&てつ

文化センター出来事や趣味の言いたい放題
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/07 みきひろ]
[10/09 だい]
[10/07 leger]
[10/06 みけ]
[09/03 よんのじ]
[08/22 8]
[07/26 畑中 雅博]
[06/23 ケロサキ]
[05/11 @kurikurimaru]
[04/30 さび]

09.19.22:23

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/19/22:23

03.23.11:19

スーパーシアター近松

下記は、先日の福井新聞から、、 

いや~  冒頭の、バイクの男、、以外は、、、、、それなりに出来ていたのではないでしょうか?実に、鯖江らしい。。なんでも有りのステージは、まとまりが心配でしたが、芝居ファンの方も、出演団体関係者の方も、ヒナタカコさんファンの方も、、、納得してくれたかな?

今回の話を、頂いた時には、、正直、、、いや~な予感がしていたのですが、、
演出家、シアター近松、マインド&サウンドライフ、さんに、本当に助けられました。
特に、演出家の堀内さんには感謝申し上げます。ありがとうございました。

牧野市長はじめ、主催者である、鯖江市職員の皆様、お疲れ様でした。浮山さん、美味しいお酒が飲めて何よりでした。(笑)


近松劇アレンジ、市民200人熱演 鯖江 9団体も情景盛り上げ

(2011年3月21日午後7時30分)

拡大熱演する市民や牧野市長(右から4番目)=21日、福井県鯖江市文化センター熱演する市民や牧野市長(右から4番目)=21日、福井県鯖江市文化センター

 鯖江ゆかりの人形浄瑠璃作家、近松門左衛門の歌舞伎作品を披露する市民参加型の演劇「近松スーパーシアターさばえ『けいせい仏の原』」(福井新聞社後援)が21日、福井県鯖江市+文化センターで上演された。総勢200人が舞台に立ち、迫真の演技で来場者約800人を最後まで引き付けた。

鯖江市+が市制55周年を記念し主催。原作の「傾城(けいせい)仏の原」は、三国を舞台にした近松門左衛門の歌舞伎の原作で、高級武士のお家騒動もの。長男が家の横取りを狙う弟に追放され放浪する。この長男をめぐり恋人の2人の遊女や婚約者との波乱を描いたストーリー。現代劇にアレンジされた。

キャストは市民劇団「劇団しあたあ・近松」の団員を中心に、公募で選ばれた市民が担った。舞台では男女の恋仲や資産争いなどを、シリアスさと笑いを織り交ぜながら堂々と演じた。牧野百男市長も越前国の殿様役で出演。男女が海に入り心中するシーンは、市民グループ「近松座」による人形浄瑠璃の舞台に切り替わり、情念の世界を展開した。

フラメンコや和太鼓、カラーガードなど9団体も情景に合わせて次々と出演。所々で登場する子どもたちの頑張りや、市民の力を結集した演出が客席を魅了し、最後は大きな拍手が会場を包み込んだ。

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら